ブログ

2019/09/26

バイオセラピーについて

こんにちは、歯科衛生士の古屋です。

 

今回は、バイオセラピーについてお話します。

 

 

バイオセラピーとは、

 

悪い習慣や食事の環境を見直す事で自分の体の正しい発育と機能を促します。
悪い習慣と歯並びが悪くなる癖について4つに分けてご紹介します!

 

 

指しゃぶり、爪を噛む、下唇を噛むなど

前歯を外に出そうとする力が加わって、出っ歯になりやすいです。

 
口をポカーンと開けてる

口の周りの筋肉が弱くなり、下顎が後ろに下がりやすいです。
そして姿勢が悪くなりやすいです。

 
口で呼吸する、舌を噛む

前歯が噛み合わなくなります。
口で呼吸するのは舌にも原因がありますが、

鼻が悪い可能性もありますので耳鼻科の受診をオススメします!

 
頬杖やうつ伏せ寝

顔や顎の変形につながり
歯並びだけでなく、顔を変形させてしまうのでとても注意が必要です!

 
思い当たることは、ありますか?

 

まずは、気付くことから始めましょう。

 

日常を見直すこと、

 

正しく機能していくように訓練することが大事です。

 

お口を閉じて背筋をのばし、

 

足置きが無い椅子であれば踏み台を置いて下さい。

 

解決法を一緒に考えていきましょう。
気になることがあれば是非、ご相談下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
町田メアリー歯科
http://maryshika.com/
住所:〒194-0041 東京都町田市玉川学園2-6-4
TEL:042-709-3873
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

©Machida Mary Dental Office

pagetop