矯正治療

矯正歯科

歯列矯正は不正咬合(出っ歯、乱ぐい歯、八重歯、受け口)など噛み合わせの悪い歯並びをワイヤーなどを使用し、歯を正常な位置に移動させ、自分の歯を生かしたまま審美性や顎口腔機能の回復をします。
不正咬合は虫歯や歯周病など多くの疾患や機能障害の原因となるため、これらの原因を取り除く矯正治療を行っていきます。

咬合誘導や軽度な全顎矯正また、部分的な矯正治療は当院で行います。
難易度の高い症例(抜歯と伴う矯正治療など)は矯正専門クリニックへご紹介します。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

1.第1期治療
乳歯と永久歯が混じった時期の治療で主に成長を利用した治療を行ないます。(6~10歳)
2.第2期治療
歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正です。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

診断後、比較的軽度の症例は当院で矯正治療を行います。矯正専門医の治療が必要と診断された場合は、当院と連携のとれている矯正専門の歯科医院を紹介いたします。

当院で行う矯正治療

小児の軽度叢生(顎に永久歯が並びきらない)ケース

倒れている奥歯を起こす部分矯正

下の前歯の軽度叢生(乱れ)の改善

下顎の前歯の叢生の改善(1本抜歯)

  • 一般歯科
  • medical_nav_4
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 義歯
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 包括的歯科治療

©Machida Mary Dental Office

pagetop