インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療は歯を失った部分の骨に支柱となるインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。
埋め込むインプラント本体の材質はチタンのため顎骨と強固に結合する性質があります。
しっかりと固定されているので、天然歯とほとんど同じ機能が回復されます。
希望される患者さんには漸進的な健康状態のチャック、骨の状態など精密な検査を必要とします。
その上でカウンセリングで治療内容を説明し見積もりを提示させていただきます。
納得していただいてから治療を進めてまいります。

インプラント治療が受けられる方
  • 歯が1本~全てなくなった人
  • インプラントを支えられる骨がある人
  • チタンにアレルギーがない人
  • インプラント治療に影響する病気がない人
  • 口の中の清掃が良好な人
インプラント治療の流れ
1.カウンセリング
丁寧なヒアリングを行い、なぜ歯を失ってしまったのか、適した治療方法などお話し致します。
2.検査
口腔内や身体の状態を的確に把握するため、レントゲン写真や口腔内写真を撮影致します。
※検査結果によってはインプラントを受けられない可能性もあります。
3.治療計画立案
検査結果に基づいて治療方法、治療期間、費用などの説明と治療計画をご説明致します。
4.インプラント手術
人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋入します。
5.メインテナンス
インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)を防いだり、残った歯を健康に保つためにも治療終了後のメインテナンスが大切です。正しいホームケアの方法をご案内し、3ヶ月~6ヶ月に一度の口腔内チェックやクリーニングを定期的に受けていただきます。

歯を失った場合の治療法は3つあります

歯を失った場合には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの選択肢があります。

1.インプラント
インプラント治療は、歯を失われた箇所に人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着する治療法です。ブリッジや入れ歯と異なり周囲の天然歯に負担を掛けることもなく、天然歯と同程度の噛む力まで回復することが可能です。見た目においてもほとんど自分の歯と変わらないことも特徴です。
2.ブリッジ
失われた歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋を渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療法です。
特別な要望以外は保険が適用でき費用が安く済みますが、失った歯の両隣りの歯を支えにしてかぶせて固定するため両隣りの歯を健全な歯の場合でも削る必要があります。
3.入れ歯
歯が抜けた部分を補う方法のひとつで、「義歯」といわれる、取り外し式の人工の歯のことです。
大きく分けて局部床義歯(部分入れ歯)と全部床義歯(総入れ歯)があります。
慣れるまで時間がかかったりケースによっては見た目が悪くなることもありますが、手術の必要がなく治療期間は短く費用負担も比較的に小さくて済みます。
  • 一般歯科
  • medical_nav_4
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 義歯
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 包括的歯科治療

©Machida Mary Dental Office

pagetop