歯周病

歯周病進行度セルフチェック

 歯肉がときどき赤く腫れる
 歯肉がむずむずしてかゆい
 歯が浮いた感じがして腫れぼったい
 冷たいものがしみる
 歯を磨くと歯肉から出血する
 下の前歯の裏側に歯石がついている
(ざらざらした感じがする)
 朝起きた時に口の中がネバネバする

 歯肉を押すと血や膿が出る
 口臭を指摘された、自分で臭いと感じる
 「サ行」の音が発音しにくい
 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい

 (★)歯を押すとぐらぐらする
 (★)歯肉が下がり、歯が長くなった感じがする
 (★)以前とは歯並びが変わったような気がする

◎セルフチェックの判定
0〜2個 : 健康な歯、歯肉です
3〜4個 : 歯周病の可能性があります
5個以上 : 歯周病である可能性が極めて高いです

さらに…
★がついている項目全てに該当:重症の歯周病である可能性が非常に高いので、すぐに治療を始めましょう

歯周病の3大要因



歯周病は「細菌」「患者自身」「環境」の3つの危険因子が複雑に絡み合って発症し、進行します。

この3つの要因がすべて重なっていると、発症の危険性が高くなりますが、どれかひとつに当てはまる場合でも注意は必要です。

歯周病リスクチェック

歯周病になりやすい危険度を3段階に分けて示しました。
チェック項目のいずれにも該当しない人は、今のところ歯周病になる心配はほぼありません。危険度が低、中、高と上がるにつれてさらに当てはまる項目が増えるにつれ、歯周病になる可能性は高まります。チェックをしてまず自分がどの程度歯周病になりやすいのか、確認してみてください。

◎危険度 低
一つでも当てはまれば、危険度は低いですが「歯周病になる可能性がある」と自覚を。
定期健診を受けましょう。

40代である

思春期の女性

妊娠中

家族に喫煙者がいる

運動不足だ

しばしば深酒をする

△危険度 中
一つでも当てはまれば「歯周病になりやすい」という状態。早めに歯科受診をしてください。


50代である

肥満

ストレスをためやすい

親が歯周病だ

骨粗しょう症である

甘いものが大好き

×危険度 大
一つでも当てはまれば、歯周病になっている可能性が高いので、すぐに歯科医院へ。
放置すれば重症化する危険があります。

60代である習慣的に喫煙している毎日ブラッシングをしていないかかりつけの歯科医院はない長期間歯の定期健診をうけていない

更年期である(女性)糖尿病患者である歯ぎしりする癖がある親が40代にして総入れ歯

  • 一般歯科
  • medical_nav_4
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 義歯
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 包括的歯科治療

©Machida Mary Dental Office

pagetop