小児歯科

乳歯だからとはいっても、虫歯は大変危険です

乳歯だからといって虫歯になっても問題ないと考えるのは大変危険なことです。
乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割があったり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。
その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。
さらに、感染症であるむし歯になってしまった乳歯がある口に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると当然むし歯になるリスクは高まります。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、むし歯になりやすいデリケートな時期ということです。
また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなどこの時期のトラブルもつきものです。

虫歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、当然むし歯菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのか?
前述した通り、むし歯は感染症です。つまり、スキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子さんのお口にむし歯菌がうつり、むし歯に感染してしまうのです。
むし歯菌への感染時期を遅らせること、具体的には2歳になるまでに虫歯菌に感染させなければ、その後の人生の虫歯予防がとてもラクになり、将来むし歯ができにくくなるというデータが報告されています。つまり、今のお子さんをむし歯から守ることは、将来のお子さんのお口の健康を守ることにもつながるのです。

むし歯治療

虫歯は親の口から子どもに感染しています。
虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人にうつる「感染症」だということをご存知でしょうか?
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の原因となる菌がいません。
赤ちゃんが生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に大人とスキンシップをとることで移るといわれています。
虫歯の原因となる細菌への感染の時期を遅らせることで、将来、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができると言われております。
また、24才(またはその前後)を過ぎると、新しくできる虫歯の本数は限りなくゼロに近づくということも言われており、お子様への虫歯菌の感染に十分注意しながら、成人まで虫歯のない健康な歯を維持することができた場合、一生、虫歯のない健康な歯でいられる可能性が高いということが言えます。
感染症である以上、事前に対策することができますので、正しい知識と方法によって子供を虫歯から守ってあげることがお子様のお口の将来を考える際、とても大切です。

むし歯から守る方法
1.正しい歯磨き(プラークを取り除く)
子どもが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。
2.フッ素塗布(酸で溶けだした歯を元に戻す力を高める)
萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。
3.正しい食生活(砂糖を摂っても酸をつくらない)
虫歯菌は砂糖を栄養にネバネバと酸をつくり、歯にくっついて、歯を溶かしていきます。正しい食生活で虫歯菌が酸をつくる時間を減らします。
4.メインテナンス(虫歯菌を減少させる)
虫歯のチェック、PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)、フッ素塗布、シーラントなど
5.キシリトール(虫歯菌を悪玉菌から善玉菌に変える)
キシリトールは甘味料です。虫歯菌はキシリトールを栄養にできません。その為キシリトールを摂取していると虫歯菌が歯からはがれやすくなります。
  • 一般歯科
  • medical_nav_4
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 義歯
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 包括的歯科治療

©Machida Mary Dental Office

pagetop